モバイル暮らしレポート

ドコモ、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を開始

NTTドコモ、MIKAWAYA21、エンルートは、11月にセルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を福岡市内の離島で実施しました。シニア&子育て世帯を対象とし、電話で依頼を受けた商品を自宅まで配達してくれます。NTTドコモ、MIKAWAYA21、エンルートは、10月19日にセルラードローンを活用した「社会的課題解決を見据えた買い物代行サービス」の実証実験について発表しました。本サービスは福岡市内の離島のシニア、子育て世帯に対し、電話で依頼を受けた商品を自宅へ配達する際にセルラードローンを活用します。福岡市内の能古島(のこのしま)と九州本島間の約2.5キロの飛行航路、能古島島内をドローンで空輸します。NTTドコモではセルラードローンに搭載する携帯電話端末や回線、モバイル技術を提供します。実験は11月~12月までの間に適宜実施する予定で、各社がさまざまな観点で評価を行った後に2018年度の商用化に向けて検討を行っていきます。NTTドコモは「無人航空機における携帯電話の利用に関わる実用化試験局の免許」を9月6日に神奈川県、千葉県、福岡県の一部地域で取得し、「ドコモ・ドローンプロジェクト」として、防災や農業分野でのソリューション提供、ドローン周辺での通信品質検証などを行っていきます。買い物代行サービスも、同プロジェクトの一環で行われます。

auの防水スマホ

auのホームページで、スマホの機能や特長を選択すると、それに合ったスマホを絞り込みしてくれるページを見つけました。そこで、今ほかのキャリアでも注目されている防水機能重視で製品を絞り込みしたら、BASIO2が最新のスマホとして出てきました、(もちろん、他にもたくさんありましたよ。今回は一番新しいスマホを選びました。)

BASIO2はシャープのスマホの新機種なんですが、初めてこの機種名を聞いたんですよね。よく見てみると、シニア向けのスマホとなっていました。その特長は、「電話・メール専用ボタン、大きく見やすいメニュー」そして「カバーを開くだけですぐ撮れる簡単カメラ」、「安心の防水・防塵」とのこと。

私が重視した防水機能は、IPX5/8ということで、他の大手キャリアの防水スマホと同程度の基準を満たしているようです。ただこれはあくまで常温の水。海の塩水や温泉、お風呂での高温の水に落としてしまえば、防水機能は発揮されませんので注意してくださいね。

防水スマホについて

仮想現実の中にいるという認識を持つこと

先月開催された東京ゲームショウ。今年はVR元年と呼ばれ、このゲームショウでも多くのVRゲームが展示されていたとのこと。VRゲームのブースも設けられ、初日から長蛇の列ができていたそうです。やはりゲーム関連の業界人やマスコミ関係、そして一般人と、VRゲームへの関心は他のゲームもよりも高かったのでしょう。もし私もこのイベントに行っていたら、やはり最初にVRブースに走ったと思いますね^^

ただ注意したいこともあるんですよね。いつかテレビのニュースでも言っていましたが、VR酔いという症状が出るんだそうです、長い時間プレイしていると。これはゲームを作る側、VRのゴーグルを作る会社の技術が進化しないことには、無くならないんだそうです。

また、仮想現実の中にいることを忘れてゲームに熱中すると、コントローラを振り回したりして壁やモノにぶつかったり、体も大きく揺れて位置関係が解らなくなってしまうこともあるとか。

安全に楽しく遊ぶためには、仮想現実の中にいるという認識を持つこと、そして更なる技術の進化も必要なようです。

Phone 7/7 Plusを1週間使って感じた「進化」と「不満」

「予約数は過去最高」―3キャリアの社長が異口同音にこう述べているように、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」は、順調なすべりだしを見せています。一方で、BCNの調査結果を引く形で販売数がiPhone 6s、6s Plusと比べて42%減になったという報道もあるように、2016年のiPhoneは入荷が少なかった様子もうかがえます。さて、実際使ってみて、スピーカーはステレオになり、臨場感が上がり、音は本体センター側から聞こえる仕組みで、音量も増加しているため、動画などを再生すると、迫力が増したような感覚を覚えます。もっとも、その副作用として、カメラのシャッター音やスクリーンショットまで大音量になってしまいました。シャッター音は盗撮防止のため、ある程度はやむを得ないにしても音量が大きすぎるし、スクリーンショットではそもそも不要なはずです。実際、Androidスマートフォンでは多くが、マナーモード時のスクリーンショットの音を無効にしているため、こうした仕様はぜひiPhoneにも取り入れてほしいところです。また、音楽関連では、3.5mmのイヤフォンジャックも廃止されてしまいました。防水仕様のためや、より本体をすっきり見せるためなど、さまざまな理由が考えられますが、変換ケーブルを使わなければ音楽が聴けないのは、やはり不便といえるでしょう。
iスマホにおける「防水タイプ」とは?

スマホの初期化を避けるためにも、、、、

スマホを持っている方が多くなっている中で、スマホを紛失させてしまうような人も結構いるようです。
5人の1人はスマホを紛失させているなんて言われているので、結構な確立です。
スマホを紛失させてしまったなんて経験がある人は結構いるものなのです。
しかし、スマホを実際に紛失してしまえばやっぱり大変な事です。
スマホにはたくさんの情報が含まれています。
それを一気に紛失させてしまえば、大変な事になります。
スマホによっては、会社の方からスマホを初期化することも可能です。
しかし、データがすべて失ってしまう可能性だってあるので怖い話です。
なので、スマホを紛失してしまった場合は、やっぱり対策をしておくといいです。
スマホにロックを付けておくとか、端末を探せるようなものにしておくのもいい方法です。
スマホが紛失してしまえば相当ショックです。
中には警察に届けてくれるような人もいるのでしょうけど、そういう人ばかりではありません。
なので、日頃からのスマホの使い方をしっかりと考えてみてください。
そうすれば、きっとスマホを紛失したからと言って焦ることもなくなってくるかもしれません。
スマホの使用も日頃から注意をしておきたいものです。

ポケモンGOがはかどる? リストバンド型ホルダー

ひと頃のフィーバーぶりからは随分落ち着いた感のあるポケモンGOだが、いまだにポケモン捕獲やポケストップ巡り、ジム防衛などに明け暮れている方も少なくはないことだろう。そんなプレイヤーのなかには「目当てのポケモンが現れたらすぐゲットしたい」。そんな気持ちから、移動中はポケモン出現のバイブを感じるべくスマホを常に握りしめている人もいると思われる。しかし片手がふさがるので不便と感じているだろう。そこでおすすめしたいのが上海問屋の『リストバンド型iPhone6sホルダー』だ。これはiPhoneを手首に固定するためのホルダー。同様の『リストバンド型iPhone6sPlusホルダー』ともども、大きなスマホを腕に固定して操作する様は少し格好悪いと思う人もいるかもしれないが、両手をフリーにしたまま必要なときに素早くスマホにアクセスすることができるようになるのは至極便利だ。
もちろん位置情報ゲームのみならず、手元でペース配分をチェックしながらのランニングや、現在地を把握しつつの登山、ナビを起動しながらのツーリングといったシーンにもぴったり。ちょっと変わったところでは、レシピを参考にしながらのお料理にも使えそう。一見イロモノグッズながら意外と便利なリストバンド型ホルダー。ポケモンGOブームが去ったあとでも重宝すること間違いなしだろう。
ウェアラブル | Gear

“独ゼンハイザー、ヘッドフォンの新「HD 500」シリーズ、「PXC 550 Wireless」を披露 “

ドイツのゼンハイザーは、ホームエンタテインメント向けモデルのHD 500シリーズのラインナップを一新し「HD 599」、「HD579」、「HD 569」を、「HD 559」を9月より発売します。アイボリーとブラウンのカラーも特徴的なHD 599は、よりナチュラルな空間表現力を持ち、音とデザインの両方でシリーズ最高の品質を追求したモデルです。グレーのカラーを採用したHD 579は、エントリー向けヘッドフォンからのステップアップに最適といいます。HD559とHD569はオールラウンドなモデルと位置付けていて、HD559は強力な低域が特徴。HD569のみ、密閉型ハウジングを採用し、クリアで豊かな低域と、高い遮音性を両立したといいます。ケーブルは4機種とも着脱可能で、ロック機構も装備してあります。HD569には、1.2mのマイクリモコン付きケーブルも同梱してあります。ノイズキャンセリング(NC)搭載ヘッドフォンのPXCシリーズでは、Bluetooth 4.2のワイヤレス接続に対応した「PXC 550 Wireless」は7月から発売中で、有線の「PXC 480」は11月発売です。Bluetooth搭載の「PXC 550 Wireless」は、NFCでペアリングでき、高音質コーデックのaptXにも対応しています。周囲のノイズに合わせたノイズ低減が行なえるアダプティブノイズキャンセリングに対応、NC用に4つのマイクを搭載します。スマホアプリ「CapTune」で音質モードなどの調整も可能となっています。

これぞ未来のスポーツ! AR技術を応用した新感覚テクノバトル“HADO”の世界大会が開催決定!

ポニーキャニオンとmeleapは、ウェアラブルデバイスを装着し、AR空間内で味方と連携しながら勝利を目指す新感覚のテクノスポーツ“HADO”の頂点を極める世界大会“HADO WORLD CUP 2016”を11月26日(土)に開催すると発表しました。賞金総額100万円をかけて、初代世界「HADO」チャンピオンを決める、記念すべき第1回目の世界大会となります。HADOは、3対3のチーム戦で、体を動かして技を発動させ、フィールドを自由に動き回り、味方と連携して楽しむ『テクノスポーツ』です。ウェアラブルデバイス(ヘッドマウントディスプレイ&アームセンサー)を装着し、AR(各超現実)技術により実際の空間と映像が合成されている中で、自らの手でエナジーボールを放ち、相手と撃ち合うという、子どもの頃に誰もが憧れた魔法の世界を圧倒的な臨場感で実現します。この HADOのプラットフォームを使用した技術は、日本では様々な賞を受賞し、TVをはじめ各メディアにも取り上げられて既に話題になっているところです。そして日本のみならずアメリカ、フランス、中国、シンガポールなどへの出展も果たし、今、世界各国から注目を浴びている熱いテクノスポーツなのです。
www.samsung.com/jp

“スマホ性能のいいものを購入したって “

スマホ性能のいいものをもてば、出会い系アプリで、確実に美人に出会うことが出来るというのでしょうか。スマートフォンに10万円程度のものを購入して、私は日々出会い系アプリです。そして、とうとう出会うことが出来ました。出会い系サイトではなかなか出会うことが出来なかったけど、出会い系アプリはそうではないようです。

スマートフォンの出会い系アプリなら会える!しかし、出会うことが出来たのはいいけど、美人局!どうりで簡単に会うことが出来たはずです。みなさんも私のようにならないように呉々も用心をしていただきたいですね。

とにかく、十八歳未満の女の子に何してやがんだと、男性が登場して来て私を脅す、脅す。

10万円出せと!

私、そんな大金持っているはずないじゃありませんか。ということで、私、10万円のスマートフォンを没収されてしまった次第です。やっぱり、高級スマートフォンなんて購入するものではないのかもしれない。

空しい。

特別なものじゃなくなると良いね!

「歩行が困難な人と健常者がタッグを組んでポケモンGOにおける捕獲数を競うイベントWHILL DE GET」が行われたそうです。場所は東京都千代田区。

NPO法人デジタルウェルネスというところが企画したイベントだそうで、歩けない人と健常者が組んでポケモンをたくさん捕まえる!というゲーム。歩けない人は車いすで参加をするのだろうと思っていたんですが、健常者も車いすに乗ったんだそうです。WHILLって知ってます?とてもカッコイイ車いすなんですが、このWHILLを作っている会社、WHILLが協力。

健常者も歩けない人も同じ条件でゲームをするんですね。事故が起きないように4人のチームに1人のボランティアも付いていたそうですよ。

ポケモンGOって、地方活性のために今色んな企画が進んでいるみたいですが、このようなイベントもできるんですね~。このような催しが毎月恒例のレクレーションというように、特別ではなくなっていけると良いですよね。

Previous Posts